「角膜リング」と呼びます近視矯正手術用として開発されましたものがあるのです。

 

レーシックとある意味まったく同じ時期にアメリカで開発された近視矯正法です。

 

そうして半円周状の2つのリング片を角膜リングは角膜実質内に挿入し、角膜のカーブをそうやることで変化させて近視を矯正します。

 

しかし角膜リングでの矯正を強度近視や強度乱視の人が行っても実際には効果は弱く、手術が両眼同時に不可能な事から「視力回復」という点から見てみますとレーシックの方が優れていると言えますね。

 

ですが決定的な違いが角膜リングとレーシックにはあって、一度手術をするとレーシックでは角膜を元に戻せないので、何か万が一あったとしましても眼を手術前の元の状態にもどすことは不可能そのためね。

 

それに対し何かあっても挿入したリングを取り出すことが角膜リングでは出来ることから、眼を手術前の元の状態に万が一の時には戻す事が出来るという特徴があげられます。

 

また円錐角膜患者についても角膜リングは使用され円錐角膜の進行を予防する効果があるのではとも期待されます。

 

手術を受ける対象者は次みたいに角膜リングは限られてきますが、レーシック後の追加矯正を希望する人にレーシックでは矯正しきれないでした人など適した矯正法なんです。

 

1999年にイタリアで開発されたレーシックとは異なるラセック(LASEK)は近視矯正手術です。

 

PRKとレーシックに似たような方法で行われている。

 

具体的にはエキシマレーザーを角膜に照射し屈折異常を矯正する視力回復手術ですけど、フラップをレーシックで使用させられるマイクロケラトームで作成するより、レーシックより薄くフラップをラセックでは作成することの方が出来ます。

 

レーシックでは簡単ではないだろうかとされた角膜が薄い人に対してもですから手術が可能になるなど患者の適応範囲が広がり、安全にそして確実にレーシックの矯正度数の限界につきましても改善された視力回復手術なんです。