近視矯正の手段がレーシック以外にもあるのです。

 

それが「フェイキックIOL」です。

 

レーシックでは簡単ではないだろうかとさせられるある意味強度近視や角膜が薄い人でも近視矯正が可能となるものでしょう。

 

そうして日本語でフェイキックIOLを言うと「有水晶体眼内レンズ」とさせられるのですけど、本来この眼内レンズは白内障の手術で使用されるものだ。

 

眼内に白内障に罹り白く濁った水晶体を取り除く代わりに入れる人工レンズのことなのです。

 

しかし白内障とは近視はちがいますので、近視を治すための手術で使用させられるここでのフェイキックIOLは眼内レンズということになるのでしょう。

 

近視をレーシック同様に治す手術ということで水晶体を残したままレンズを眼内に追加するかたちで挿入します。

 

ですからいくらかフェイキックIOLにはタイプがあるが、白内障手術で使用されてしまうものと同様の材質でここで使用されてしまうフェイキックIOLも作られているので長きに渡る安全性も報告されます。

 

角膜の手術なのか、そうでないのかがレーシックとフェイキックIOLの違いです。

 

近視の強さに対応して必要な量のレーザー光線をレーシックは角膜に照射し、角膜を削る事で近視を矯正します。

 

ですが近視が強ければレーシックの場合角膜を削る量も多くなることからレーシックの手術が強度近視の人に対してはできません場合もあげられます。

 

また角膜が元から薄い人も同様にレーシックの手術が受けられない人もいます。

 

しかしレーシックとは違いフェイキックIOLは角膜の手術ではありませんので、角膜の厚さはもちろん影響を近視の度数にもされてしまうこともなく近視を治すことは出来る手術なんです。

 

そのためレーシックでは対応できないでした高度近視の人であったとしましてもフェイキックIOLは治療可能な手術なんです。

 

更に角膜をいじるものではない事から、挿入したレンズを取り出すことで万が一トラブルが生じても目を手術前の元の状態に戻せる。

 

というかフェイキックIOL最大の特徴です。