ツールレンズの場合はおおおよそ、1週間前、ハードレンズの場合は3週間前から使用不 可ですが、角膜の形状をある意味元の形に戻すたためだ。

 

コンタクトレンズ制限がレーシック手術を受ける場合、あるのです。

 

消毒した眼の周りは触れないように注意し、静かに呼びますまで待ちます。

 

クリニックにより検査の内容はことなりま すが、遠方と近方の視力検査、角膜形状の撮影、遠視や近視、乱視の度数を測定する屈折度数測定などの精密な神戸クリニックでは、検査をします。

 

手術などの説明が検査と一緒 に、行われている。

 

術前検査と手術前準備がレーシック手術の前には、あげられます。

 

よく手術でかぶるみたいなキャップを麻酔の点眼してから、髪を隠すためにかぶります。

 

術前検査が手術前に は、あげられます。

 

複数人の手術を同じ日にするので、人を間違えないのように名札を 付けるのです。

 

レーシック手術のための、手術前準備を術前検査や説明などの後にします。

 

受付を済ませた後、レーシック手術の当日は、はじめに手術費用の支払いをすませ、 手術後に必要になる点眼薬とか内服薬、保護メガネなどをその場に、処方をし、手術後はそのまんま、帰宅出来るというシステムのクリニックもあげられます。

 

この、コンタクトレンズ制限の期間を守らず、短期になりました場合、注意が当日の手術が受けられな いケースきがあるから、必要です。

 

薄暗い部屋に通されまして、品川眼科クリニックの場合、それで手術前の用意をし ます。

 

眼の周りを消毒し、ソファーで約15分ほど1人で安静にします。

 

当日の眼の状態を確認しましたり、術前検査は、事前に検査の内容と誤差がないでしょうかを確認。

 

手術前の準備が整い、麻酔が効いたら、レーシックのいよいよ手術です。

 

眼を洗浄し、そこから、点眼の麻酔薬でイントラレーシックの手術は、局所麻酔を行いま す。

 

注射を使用した麻酔は行わない。

 

次に、開瞼器で眼を開いたままにするため、まぶたを開いて固定します。

 

イントラレース レーザーをフラップを作成するように、角膜に照射します。

 

フラップを器械を使って作っていたレーシックとはちがい、フラップをイントラレーシックではより薄く、正確に作成出来るよ うになってしまいました。